スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名運動を行いました

【猫の不妊手術助成金の設置の署名活動】

期間: 平成24年9月~平成25年9月まで

 (目的)増加する野良猫に起因する住民間のトラブルや、猫に関する苦情・相談の増加
     また年々微増する猫の処分数(毎年約70%が子猫)を減らす為、不妊手術を啓発
     その為にも助成金制度がある
 
 (方法)各地域の犬・猫ボランティア、動物愛護推進員、ホームピーナッツ、しあわせのしっぽ、
      日田・玖珠の動物の命を守る会の方々のご協力の元、処分数の多い地域を対象に
      呼びかけチラシと署名表を配布。

(署名数結果)
   大分市 2808名
   別府市 2611名
   日出町  101名
   中津市  489名
   玖珠町  266名
   宇佐市  690名
   九重町  108名

いずれの地域も猫問題、特に室外飼育による近隣とのトラブル、
無責任な餌やりによって増えた野良猫による問題を抱えており、
また、猫に関しては法令(条例)がない為「注意」以上の対応が
行えないというのが共通の認識の様だった。

猫の殺処分数を減らすためには、適正飼養、不妊手術(繁殖制限)の実施、
無責任な餌やりによる問題解決、地域猫などがあげられるが
だからこそ、やはり不妊手術の助成制度があればと改めて感じる。

今回の署名が助成制度設置にすぐに結び付かなくても、署名活動を通し
地域での啓発活動、行政にも必要性を訴えることができた。
ねこプロ(ねこプロジェクト)としても引き続き、猫の避妊・去勢の啓発活動を
通し、その必要性を県民、行政に対し訴えていく所存です。


スポンサーサイト
プロフィール

猫プロ

Author:猫プロ
ねこの不妊手術啓発、室内飼いを推進し処分を減らす活動を主にしています。また当会では保護施設を持っていない為、猫の保護、預かりは一切行っておりません。
保護、預かりに関してのお問合せは対応できかねますので、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。